A.T/制作日々


by flaneur555

<   2012年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧



宇宙船のデザインが良い。だいぶまえに吉祥寺トムズボックスで買ったnakabanの彫刻家〜(題名失念)コピー絵本に感じが似ている。小さな本だから家の本の山から見つける事ができず買ったきり見ていない。
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-20 02:28 | 映像

Calder Circus



カルダーのサーカス。
巨大彫刻よりも情熱を注いでいたんではないだろうかと感じる。モビールはサーカスの曲芸なんだなーと実感する。クレーの作品集に針金とボロ布でつくった人形だけが載っている本があって、探しているけれど見つけられない。ミロの画集は集めていないけれど、アトリエのゴミオブジェの写った写真集は色々と見つけては買っている。ブランクーシの彫刻もアトリエの雑然としたオブジェの中にある時が1番美しい。モダンアーティストのつくったフォークアートには、本業の作品を軽々と超えるすばらしい物が多い。猪熊弦一郎の「画家のおもちゃ箱」も画集より古書価が高いのは、なぜか?
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-20 01:49 | 映像


折り紙コマ撮り。動きをつけているアニメーターがすごくウマイ!
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-19 06:06 | 映像


ネコの絵がイイ!
タイトル中に電話番号が出るのがグッときます!これを見て当時注文電話なんかきたのかしら?
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-19 06:04 | 映像

Пуговица / Guzik (1964)



ボタンコマ撮り。
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-19 06:00 | 映像


ライトボックス、カラーセロハン、アニメーション。
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-19 05:56 | 映像

William Klein



ウイリアム・クラインは一番好きな写真家。デザインのセンスが最高。
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-17 05:53 | 映像


フランスの建築雑誌[ Architecture d'aujourd'hui ] 名前読めない、、はドムスとは違うアバンギャルド感があって50.60年代の物を集めていました。あるブログにこの雑誌を作ったAndré Blocの造ったsculpture-habitacleと呼ばれる建築と彫刻の中間の建造物の話が紹介されていて、手持ちの
[ Architecture d'aujourd'hui ] の中の奇妙な写真群の意味が今日わかりました。シュバルの理想宮のように自分でレンガを積み上げて造ったそうです。スゴイ!
詳しくは、こちらhttp://kanaparis.blog59.fc2.com/blog-entry-434.html
映像はその建造物でのストッキングアーティスト、エルネスト・ネトの展示風景。
sculpture-habitacle グッときます!
写真はコチラ、http://www.flickr.com/photos/workflo/3567713229/
チェコのキュビズム建築やシュタイナーの第2ゲーテアヌム、キースラーのエンドレスハウスに通じている。彫刻住居=私建築
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-16 03:22 | 立体

The Life and Times of Frida Kahlo



映像の最後に出てくるフリーダの絵日記が出版されていて、とてもいい本です。
画面に映るページと見比べてみたところ、そのまんま本にしているっぽい。
以前古本屋でフリーダのファッションについての本を見つけたけれど、ソフトカバーで痛みがひどく
買いそびれたきり二度と見ていない。身の回りも作品同様美しく整えられたフォトジェニックなフリーダの写真集だった。最近フリーダの家を設計した建築家の本を買いました。
フリーダの家はウルトラマリンブルーで真っ青に塗られています。
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-16 02:26 | 映像


コントロールできないから面白いのか、
それでもどーにかしてアニメーションさせたいと思う気持ちにも共感する。
矛盾。ポロックはかなりコントロールしている。
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-15 07:48 | 映像