A.T/制作日々


by flaneur555

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

The Lodge & EH gallery

f0180529_2323460.jpg
現在の所、松本貸店舗巾上の名前はThe Logdeとなっています。今週末、松本に帰省する予定がありますので7/1.2.3とお店を開けられるかもしれません。開店時はサイトに情報を上げますので、よろしくお願い致します。
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-29 02:36 | EmptyHouse
f0180529_2203855.jpg
社員食堂LABのアルパカ食堂トークショーにお越し頂きました皆様、ありがとうございました。photo ©shine shokudo lab
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-29 02:22 | パーティー

神田駅前

f0180529_1455795.jpg
f0180529_1454536.jpg
f0180529_1453050.jpg
f0180529_1451738.jpg
梅雨明けしたかの様な強烈な日差しが節電中の街にのしかかっています。
東京の都市の夏とうまく付き合う方法がいまだにみつけられません。
路上ワゴンにたくさん並んだ安物の扇子の前でしばらく開いたり閉じたりしてみましたが、扇子の出来の悪さと、扇子をパタパタする自分の姿の出来の悪さに、結局買わずに通り過ぎ、手のひらであおぐ風の風力の弱さに、今度扇子が売ってたら必ず買って、デザインが気に入らなくても自分で骨に気に入ったデザインの紙を貼ってなどと考えるも、ただ貼るだけでは折り畳めないから山折谷折をつけて、、、と、どこまでも考えるほど余計に熱いんです。
東京の夏は嫌いです。
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-29 01:46 | 日々

豚の上の子猫

f0180529_1301918.jpg
神田、かなり猫匂のきついネコ屋敷の玄関の前に置かれた木彫りブタの上で眠る生後3週間くらいの赤ちゃん子猫。まだ、いくらも生きていないのに目の周りはズクズクの目ヤニがかさぶたの様に貼り付いています。そばに落ちていたコピー用紙を柔らかく揉んでティッシュ代わりに使い、剥がしてみましたが、いくらも剥がさないうちに薄暗い家の中へと逃げられました。野良猫と同じで、こうゆうお家で飼われるネコは病気をすると生きてはいられません。
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-29 01:40 | 日々

放射能測定

f0180529_1222150.jpg
f0180529_1221085.jpg
神保町での古本探しの帰りに立ち寄った千代田区の公園の砂場で放射能を測定していました。公園の前には小学校があります。ガンバレ日本!
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-29 01:25 | 写真

倉俣史朗とソットサス

21_21DESIGN SIGHTで開催中の倉俣史朗とエットレ・ソットサス展を見に行ってきました。
倉俣史朗のアクリルとソットサスの吹きガラスのオブジェが美しく響き合っていました。
キャプションの中のソットサスの言葉が、最近読んだ民藝運動の柳宗悦の思想にとても近く感じられ、
見える人達は同じ様な真理に近づいていくかのようでした。80年代のメンフィスと民藝は、表面的にはまったく違いますが、表面だけが似ている今はやりのシンプルなクラフトよりも正当な後継者なのかもしれないと感じています。とても良い展示です。
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-23 01:38 | ギャラリー
f0180529_1365129.jpg

6/25の夜、日本橋にある社員食堂ラボラトリーで開催されますイベントのトークショーに出演します。
詳細は http://shineSKD.exblog.jp/12921013/ まで! 
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-20 01:38 | パーティー

モホイ・ナジ展

f0180529_282173.jpg
f0180529_285936.jpg
f0180529_284859.jpg

出不精を押してでもどうしても見たくて、片道2時間ほどかけて神奈川近代美術館葉山の別館で開催中のモホイ・ナジ展を見に行ってきました。展示はもちろん素晴らしかったのですが、以前アルプ展を見に来た時には気にもとめなかった美術館裏に海岸へと続く小道があって、すぐに砂浜へと降りて行けました。海岸は静かで、ほんの数人の人が海の家を設営しているだけの見渡すかぎり梅雨空色の砂浜です。海の家が出来上がる前の静かな美術館はかなりおすすめです。海の近くに暮らした事はないのですが、しばらく見つめているだけでも気分が浄化されていく様な感じを覚えます。淡水の川沿いで育った僕ですが、海水の海の浄化能力の方が、だいぶ高そうです。遠く離れていても、この海も福島の海とつながっているはずで、太平洋の海水の大きな包容力で薄まったりする放射能を許容する事は、このぐらいなら問題無いと川や海にゴミをポイ捨てする事と同じだと思います。ゴミを出さない暮らしが理想。ガンバレ日本、ガンバレ福島、ガンバレ東電、行動しよう自分。
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-19 02:09 | ギャラリー

水漏れする一輪挿し。

f0180529_263565.jpg

[PR]
by flaneur555 | 2011-06-19 02:06 | 写真

松本島内

f0180529_330559.jpg
f0180529_3295094.jpg

五月のひと月のあいだ松本で暮らし、また東京でのなんでもない生活が淡々と続いています。写真は松本市島内の奈良井川沿いの倒木が垂直に枝を伸ばしている様子。倒れても生きています。倒木の上を渡ってみたいなと一瞬思ったけれども、子供時代は遠く過ぎて、落ちたら損とか、思う程には楽しくないかも、と即座に打ち消し写真だけ撮りました。下の泡はたぶんカエルの卵。
[PR]
by flaneur555 | 2011-06-19 01:53 | 写真