A.T/制作日々


by flaneur555

カテゴリ:古本( 91 )

Jim Dine

f0180529_18464190.jpg
f0180529_18462433.jpg
f0180529_1846141.jpg
f0180529_1846046.jpg

今日、購入したジム・ダインの写真集。
神保町で見付けた当りの古本で、画集じゃないのがミソ。こんなに写真を撮影しているとは知らなかった。ポップ・アートのころのアメリカの画家で、ポップ的モチーフを表現主義的に描いている。キャリア初期の頃のナイーブなドローイングが秀逸です。
ブランクーシやマン・レイ、ハンス・ベルメールやホックニー、など、何も無い白いキャンバスや、石塊から作品を生み出せるアーティストが撮影した写真には、カメラが無いと仕事にならない写真家が撮った写真と、あきらかに違う世界が映っている。良い本です!
[PR]
by flaneur555 | 2010-08-21 18:46 | 古本

金柑画廊の新しい企画

f0180529_23571463.jpg

去年、目黒金柑画廊で開催した古本図書室企画展の今年のチラシデザイン。
去年の展示風景写真 はコチラ、http://atform.exblog.jp/i6/3/
去年は僕の古本だけでも数十万円の売り上げがあって、その後の古本収集の資金に大助かりだった。
しかし自分の蔵書1000冊近くの搬入のあまりの大変さにこりて、今年は参加人数を増やし、一人一人の出品数を抑え、一箱古本市ふうな感じになります。今年は古本だけでなく、出展者のオリジナルメイドな作品、ドローイングやジン、Tシャツやオブジェ等と並列に展示販売する予定。出展作家が選び集めた古本と作家自身が創った作品の間には、どんな相関関係があるのか?
詳細が決定しましたらここに載せますので、ぜひ遊びに来て下さい。
このチラシ、閉店タイポに負けていないか少し心配。
[PR]
by flaneur555 | 2010-08-14 23:57 | 古本

神保町

f0180529_103476.jpg
f0180529_102249.jpg
f0180529_10826.jpg

[PR]
by flaneur555 | 2010-08-13 01:00 | 古本

KIPTON KUMLER

f0180529_19363741.jpg

古本で購入した KIPTON KUMLER Photographs 75年刊
僕が好きな写真家、エリオット・ポーターの写真をモノクロにした感じが良いです。
[PR]
by flaneur555 | 2010-07-28 19:36 | 古本

みち草市

f0180529_2325025.jpg
f0180529_2323032.jpg
f0180529_2321388.jpg

炎天下のみち草市にお越し下さった皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。
写真は立石書店で購入したロシアアバンギャルドの展覧会図録です。表紙のタトリンの第三インターナショナル記念塔は実現していれば高さ400mの二重螺旋が特徴的な建造物。万年時計のように、一時間で一回転、一日で一回転、一年で一回転、するような部分がある、稼動する構造で、スカイツリーなんか目じゃない。僕の大好きな、模型でしか存在しない夢の造形物。次の写真も大好きなエル・リシツキーのデザイン2点。この図録、内容とデザインかなり良いです。
[PR]
by flaneur555 | 2010-07-24 23:02 | 古本

7/24雑司ヶ谷みちくさ市

f0180529_22533787.jpg
f0180529_22401184.jpg
f0180529_22395854.jpg

明日土曜日は雑司ヶ谷で開催される、みちくさ古本市に参加します。
Azteca Booksの屋号で古本と雑貨を販売します。午後2時〜6時30分までの開催です。
2010年7月24日(土)雨天順延日25日(日)14:00~18:30
詳細はhttp://kmstreet.exblog.jp/まで、
写真は、横浜のFRP工場での作品制作の帰り道に毎日見ている夕焼け。
[PR]
by flaneur555 | 2010-07-23 21:56 | 古本

おばあちゃんと般若心経

f0180529_015531.jpg

古本で購入した、みうらじゅんのアウトドア般若心経の写真。般若心経の教典の文字全部を街なかの看板や地名表記などから探し出して、コンプリートしている。あまり信心深くないけれど、般若心経は唯一、諳んじられるし、すごく良いお経だと思う。故郷で一緒に暮らしていた、僕の母方の祖母が信心深い人で、起きている間中、仏壇に向かってお経ばかりあげていた。いつでも初孫の長男だった僕に、お前のためにあげるお経が一番多いからなー、と言っていた。願い事には、お経の量が関係しているらしかった。ギャーテイ・ギャーテイ・ハラギャーテイ・ハラソーギャーテイ・ボジソワカ・ハンニャシンキョー、と今でも亡くなったおばあちゃんの声が耳に残っているくらい。この部分が音として好きで、意味がすきな部分は、色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 です。わかったつもりではいるけれど、たぶん一生わからない。
[PR]
by flaneur555 | 2010-07-15 00:02 | 古本

ふたつの写真集

f0180529_2319211.jpg
f0180529_23193514.jpg
f0180529_2320044.jpg
f0180529_23194981.jpg

最近古本で購入した二つの写真集。
TINGAUD/INTERIEURSと坂口トモユキ/HOMEの写真。TINGAUDはメキシコの簡素な家の室内の壁ばかり撮っている。坂口トモユキは日本中どこにでもある、ごく普通の建て売り住宅を夜に撮影している。TINGAUDの写真はノスタルジックで柔らかくあたたかい。坂口トモユキの写真は硬く、殺伐としていてさみしい。僕らはこの本の中と何も変わらない場所で暮らしている事が不意に恐ろしい。同じような
テーマのホンマタカシのサバービアの写真には、その色調ゆえかほんの少しの救いがあるように感じたが、このHOMEは真っ暗闇の現代日本が映っている。メキシコも日本もたぶん庶民の普通の家のはずだと思うけれど、家の値段は、はるかに日本のが高いはず!ハウスメーカーさん考え直して下さい!
[PR]
by flaneur555 | 2010-07-14 23:20 | 古本

中野の古本屋

f0180529_075236.jpg

都市住宅69/10、インテリア・デザイン入門特集。中野の古本屋の写真。古雑誌はほとんど収集していないけれど、都市住宅は少しづつ集めている。エディトリアルデザインがすばらしいです!この古本屋、手前の古本ヤマをどけて天井近くの番台にすわると、また元の位置に本を戻すため、一度座ったら7〜8時間はそのまま店番し続けるらしい。なぜインテリア特集に取り上げられているかと言うと、抜いても崩れない辺りまでが商品で、それより下の本は、棚や台、壁や番台、机であるらしい。この着眼点がすごい!この古本屋、植草甚一さんが日記の中で名前の覚えられない、本だらけの中野の古本屋と書いていた店ではないかと思う。こんな古本屋に行ってみたい!
[PR]
by flaneur555 | 2010-07-13 00:07 | 古本

明かりの本

f0180529_20565288.jpg
f0180529_20571186.jpg

今日買った古本。キャンドルスタンドとスタンドライトの照明、についての本。鍛鉄のキャンドルスタンドやモダンなスタンドライトは、生活の中の実用彫刻と感じられる。これらのインテリア・スカルプチャーの流れの上にイサム・ノグチのあかりシリーズや倉俣史朗のオバキューランプなど、用を超えた生活を美しく楽しくするオブジェがあると思う。
[PR]
by flaneur555 | 2010-07-12 20:57 | 古本