A.T/制作日々


by flaneur555

カテゴリ:写真( 194 )

残暑のクリオネ

f0180529_3153844.jpg

あまりの酷暑にベランダのステンレス物干し竿に反射した直射日光が、軒下にクリオネみたいな形を映す。
[PR]
by flaneur555 | 2012-09-16 03:18 | 写真

立体クモの巣

f0180529_23363980.jpg

[PR]
by flaneur555 | 2012-08-31 23:37 | 写真

コンテンポラリー看板

f0180529_1455215.jpg
f0180529_1452442.jpg

[PR]
by flaneur555 | 2012-08-31 01:46 | 写真

落ち葉

f0180529_3352870.jpg
f0180529_3351752.jpg
f0180529_3345459.jpg

[PR]
by flaneur555 | 2012-07-30 03:35 | 写真

ニキと枯れ葉

f0180529_1734620.jpg
f0180529_1732684.jpg

渋谷ユーロスペースのレイトショーで坂口恭平[モバイルハウスの作り方]を見る。
隅田川のエジソンと多摩川のロビンソンの実像を拝見する。
現代の縄文!イイです!
[PR]
by flaneur555 | 2012-07-05 17:03 | 写真

ピンボケと露出不足

f0180529_4113219.jpg
f0180529_4111940.jpg

[PR]
by flaneur555 | 2012-04-05 04:12 | 写真

金沢

f0180529_0242040.jpg
f0180529_0235536.jpg
f0180529_0231549.jpg
f0180529_0225039.jpg
f0180529_0222429.jpg
f0180529_022140.jpg

はじめて行った金沢は本当に小京都という感じでした。都市の魅力は歴史ある古い物をどれだけ残せているかだと感じます。水路が多く、松本に似ているとも感じますが、行政の本気度が違います。どーする松本!一番下の写真、青山から金沢に移転したオヨヨ書林2号店です。古い建物の内外装本当に雰囲気が良いです。
[PR]
by flaneur555 | 2012-01-28 00:24 | 写真

長野

f0180529_2023767.jpg
f0180529_2022997.jpg
f0180529_2021685.jpg
f0180529_2015933.jpg
f0180529_2014755.jpg
f0180529_2012852.jpg
f0180529_2011623.jpg
f0180529_2005124.jpg
f0180529_2003210.jpg
f0180529_200792.jpg
f0180529_19595152.jpg
f0180529_19592285.jpg
f0180529_19585952.jpg
f0180529_19584254.jpg
f0180529_1958204.jpg

正月も終わった1月8日に小学生の頃、一度だけ訪れた事のある長野市の善光寺に初詣に行きました。門前町は城下町松本よりもはるかに集客力がありました。古い町並みも松本に比べてまだまだ残っていて、若い人たちが思い思いのリノベーションでカフェやギャラリー、古本屋や雑貨店などを営んでいました。ゲストハウスも数軒あるようですが、松本には一軒もありません。考えようー
松本。
[PR]
by flaneur555 | 2012-01-27 20:02 | 写真

歪んだガラス

f0180529_344292.jpg
f0180529_3435824.jpg

たぶんJR松本駅のホームへと続く階段の明かり取り窓ガラスの歪み越しの風景。ガラスのデザインでは無いと思うのだけれど、偶然の水滴か何かが風景をデザインしている。ガラスにじーと目をこらすも何故こうなっているのかわからなかった。こんな窓ガラスデザインがあってもイイと思う。
[PR]
by flaneur555 | 2012-01-27 03:44 | 写真

松本

f0180529_4203465.jpg
f0180529_4202079.jpg
f0180529_4422961.jpg
正月、松本へ帰省した時に通りでは子供会の小学生たちがだるま売りをしていて、寒い中大きな声で売り子を勤めていました。最初に通りかかった売り場で実家に頼まれた大きなダルマを買ってビニール袋を下げて歩いていると、他の通りの町内会の子供ダルマ売りの勧誘がダルマーとひと声かけた後で、手に持つビニール袋のダルマを見てガッカリしていて、その度にこちらの元気がよい子供たちから買ったらよかったなーと思いながら通りすぎました。
売り場のすぐ近くの女鳥羽川では去年のダルマを燃やしています。一年経つと燃やすダルマを7000円で買うという縁起物の不思議。
写真の虎は、だるま売りの横のテントの中の神棚みたいな所にあったカワイイ箱の虎。
[PR]
by flaneur555 | 2012-01-26 04:46 | 写真