A.T/制作日々


by flaneur555

カテゴリ:本( 8 )

ハンス・コパー展図録

f0180529_19918.jpg
f0180529_1991488.jpg

ハンス・コパー展図録。
[PR]
by flaneur555 | 2010-07-28 19:09 |

yuちゃんのzine

f0180529_21134116.jpg

nanzukaギャラリーのyuちゃんに戴いたzine。センスの良さがスゥーと伝わってきます。
デザイナーのライバルは同業者以外にいる。
[PR]
by flaneur555 | 2010-06-07 21:13 |

森岡書店カタログ

f0180529_217278.jpg

森岡書店、森岡サンに戴いた「森岡書店カタログ」の一番好きなページ。
ちょっと、他の本屋さんが太刀打ちできないくらい良い本です。森岡書店で見られます。
[PR]
by flaneur555 | 2010-06-07 21:07 |

森岡書店カタログ

f0180529_711376.jpg

お世話になっている森岡書店に顔を出したところ、だいぶ前にDTP出力ダミーで見せてもらった森岡書店カタログが出来上がっていた!私家版、500部限定、フルカラーで、森岡さんセレクトの古書をオブジェのように美しく紹介している。カタログとタイトルしてはいるが、この本は森岡サンの作品集のような感じで、セレクトの内容がまた良い!日本国に関する古書だけで構成している。様々な本を美しく紹介するビジュアルブックがたくさん出版されているけれど、やっぱり森岡サン、見ているところが他の人達とまったく違う!
良いです!
[PR]
by flaneur555 | 2010-05-07 04:45 |
f0180529_7243143.jpg

去年、新刊本で買った高松次郎さんのPHOTOGRAPH/JIRO TAKAMATSU/ 赤々舍はすごく良い本です。全編、サービス版のような紙焼きの写真がポツンと画面の真ん中に映っている写真で、壁にピンで留めてあったり、床に落ちてたり、しわしわで机の上に置いてあったりしている。映っているなんでもない普通の写真はもう一度写真に撮られる事で、まったく違うイメージへと変化している。
初期の頃の絵画作品で、白い壁の前を行き交う人々の影だけをグレーで描いていた壁画にどこか似ている。
[PR]
by flaneur555 | 2010-04-17 07:24 |

花泥棒

f0180529_1293613.jpg
f0180529_1301779.jpg

新刊本屋で花泥棒という詩と写真絵本のような本を見付けた。鴨居羊子さんの人形を細江英公さんが撮影した、所有するミス・ペテンとほぼ同じ内容で少し迷ったが購入しなかった。上の写真は鴨居羊子コレクション3のミス・ペテンからの写真。1966年の作品が2009年に新しい本となって売られている。すばらしいです。去年、私建築展・展示でお世話になった森岡書店では僕の蔵書を販売してもらっていて、そこで細江英公さんのミス・ペテンの作品展もおこなわれていた。その時、僕の蔵書から北園克衛全写真集を購入してもらい、お会いした事もないけれどうれしかった。展示中、ミス・ペテンの写真は細江英公さんの他のオリジナルプリントに比べて破格の安さで、(それでも僕には高い!)そーとー迷って買いきれなかった。やっぱりこの花泥棒を買って我慢しようと思う。
[PR]
by flaneur555 | 2010-04-13 01:29 |
f0180529_18373082.jpg
f0180529_18374449.jpg

本屋で初めて見かけた時から欲しかった、日本写真集史1956-1986を買った。金子隆一さんのコレクションされた60~70年代を中心とした40数冊の写真集が表紙と見開き数ページづつを年代順に掲載されている。有名な本から自費出版の見た事のない本まで、並列にコレクションされていて、その中で金子隆一さんが写真集に対する意識を決定的に変える事となったロバート・フランクのThe Line of My Hand/私の手の詩/を入手した時の話がとっても良い。当時、ウイリアム・クラインのニューヨークが2600円、ロバート・フランクのアメリカンが1600円、森山大道のにっぽん劇場写真帳が980円と今では信じられないけれど、私の手の詩は7200円の先行振込予約販売だったそう。続きは上の写真で。なるほど、The Line of My Handの初版が日本版だった理由が今日わかりました。オリジナルプリントより写真集が欲しい気持ちも共感できるし、本がオリジナルを超える事もままあると思う。The Line of My Handの表紙の手形ドローイングとノバ・スコシアで撮られた冬の写真がとても良い。
赤々舍、良い本をたくさん出している。
[PR]
by flaneur555 | 2010-03-24 18:37 |
f0180529_1835468.jpg
f0180529_18351797.jpg

新刊本屋でみつけてすぐ買いました。ムナーリの創ったほぼすべての本をのせているカタログの様な本。すごい!上の写真、この本だけ現物を見付けられなかったらしい。18部限。アートとデザインには何の違いも無いと僕は思うけれど、その大きな理由の一つにムナーリの様々な制作物を見て感じているクリエイティブの革新性にあり、折り畳める彫刻も読めない本もデザインであり、アートであると思う。
[PR]
by flaneur555 | 2010-03-24 18:35 |