A.T/制作日々


by flaneur555

Calder Circus



カルダーのサーカス。
巨大彫刻よりも情熱を注いでいたんではないだろうかと感じる。モビールはサーカスの曲芸なんだなーと実感する。クレーの作品集に針金とボロ布でつくった人形だけが載っている本があって、探しているけれど見つけられない。ミロの画集は集めていないけれど、アトリエのゴミオブジェの写った写真集は色々と見つけては買っている。ブランクーシの彫刻もアトリエの雑然としたオブジェの中にある時が1番美しい。モダンアーティストのつくったフォークアートには、本業の作品を軽々と超えるすばらしい物が多い。猪熊弦一郎の「画家のおもちゃ箱」も画集より古書価が高いのは、なぜか?
[PR]
by flaneur555 | 2012-04-20 01:49 | 映像